まだまだ歩み始めたばかりです。

持っているけど話さない方との対話

今日も営業電話で不動産を所有している人とお話しできました。
電話営業をしていると、大半のお客様が自分から積極的に話をしてくださるので、聞き手に徹していると色々な情報が出てきます。
しかし、今日のお客様は不動産を所有している。とは答えてくれたものの、自分から積極的に話す人ではなく、いつもより焦ってしまいました。
横で見ていた木村さんが助け舟(横でしゃべるべきことを囁く)をだしてくださり、何とかご訪問の約束を取り付けました。

電話を切った後、このタイプは話を誘導しないといけないので、今までの聞き手に徹するより難しい営業スキルが必要だと教わりました。
電話の録音音声を聞きながら、「ここはこういうべき、これはナイス」と、手取り足取り教えてくださいます。
これだけで本を数冊読むより価値のあることを教えてもらえています。ほんと感謝しかありません。

1レベル上の導く営業

この電話のあと、木村さんは数件のお客様と電話をしていました。どれも落ち着き、フレンドリーに話をしているように聞こえましたが、実際には、全てのお客様に非常にめんどくさがられていたそうです。
私の場合は積極的に話をされないだけで委縮していたのに、まだまだ営業の素人看板を外すには越えなければならない壁が多いと感じました。
今回の電話では、1か所だけ木村さんにナイスをいただいたので、次は2か所、3か所とナイスを増やしていけば、自信もつき、看板を外せるかと思います。

私は自分が成長していると実感する時が一番、ワクワクするし、活力が溢れます。
学びが多すぎて、頭が付いていかないこともありますが、その悔しさも含めて成長です。今日も素晴らしい一日でした。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング