不動産業やめます

最近成長していない

去年の3月末に会社を立ち上げて、そこから宅建業の申請をして6月末から営業を開始して約1年が経ちました。

あっという間に過ぎましたが、本当に1年の間にあった事かな、というくらい色んな事がありました。
たくさんの新しい人とも出会いました。いい出会いもあれば、悪い出会いもあり、様々な経験をしました。本当に濃い一年でした。

色んな事にチャレンジをしてきましたが、一年が経ち、気づけば不動産屋の脳みそになっていました。
不動産屋の脳みその説明が難しいのですが、不動産屋としての稼ぎ方しか考えれない脳みそと言うか、過去の不動産業での稼ぎ方を踏襲した考えをしてしまうというか。イメージですが、狭い世界かつアナログな世界に入った感じです。

何もそれが悪いわけではないと思います。このまま仕事を続けていく事も出来ます。ただ世の中に置いていかれそうです。私はもう仲介はやめようと考えています。

不動産業自体から離れるかも

明確な理由を言葉に出来ないのですが、今思う理由は

・稼ぎ方は分かったが、このままでは3~5年後に今のやり方が通用するか分からない。10年後には無理と感じる 。
・正直現状は会社が潰れない程度であれば容易に稼げるようになったと感じる。容易に稼げる事が続くはずが無い。
・仲介の仕方、営業の仕方、空き家空き土地との出会い方など色々と考えていますが、自分中心の考え方が多く誰かに価値提供をしていると考えにくい 。
・もっとエンドユーザーさんと話す事が好きで、良い会社が他にある。
などです。

まだ一年しかやってないのに偉そうな事を言っているのは分かっています。
数年続けてお金を貯めてから、そのお金をどう使うか、どう役立てるかとも考えましたが、どうにもテンションが続きません。実際に数年続ける能力があるのかも分かりません。

今ある仕事は責任をもってやりますし、こんな考えの私で良ければ仕事を頂ければキチッとやるつもりです。ただ、来年に向けて新しい事を探していこうと考えています。

一般的には、不動産仲介を卒業すると買取再販→新築戸建てを自社で建てて販売→物件保有とすすむ会社が多いようです。もしくは業者間での情報のやり取りをして、仲介の仕事をする。
それらには以前から興味が無いので、そこをするつもりもありません。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング