大手に勤めていてもこの先不安

大手にお勤めの方がお話を聞きにきてくれました

今日は、先日知り合いの紹介でお会いしました大手にお勤めの営業マンの方が、話を聞きたい!と事務所まで会いに来てくれました。
興味を持ってもらってお話を聞きに来てくれるのはとても嬉しいです。

今は大きな会社にお勤めで、ポータルサイトや会社としての人脈を活用して仲介のお仕事をされているようですが、ブラックで厳しい環境や、このままでこの先何十年とこの仕事を続けられるのか不安になったようで、私のやっている埋蔵物件の発掘(空き家や空き土地を見つけ出して売却のお手伝いをする)の仕事に興味を持たれたようです。

一昔前なら良かった勤め方

十分すぎる年収も得ているようで、一昔前ならこのまま会社の為に身を挺して働き続ける!という感じだったのかもしれませんが、この先不動産業界もどうなるか分かりませんし、独立や起業する事が当たり前な時代に変わってきています。

せっかく来ていただいたので、具体的に何をしているか、いくら売上があるのか等、何でもかんでもお伝えしておきました。
個人的な考えですが、独立したいと少しでも思うなら、早くした方が会社の為でも自分の為でもあると思っています。
私は32歳で独立しましたが、もっと早くても良かったと思っています。そして独立して本当に良かったと思っています。

少しでも早い方が失敗した時に取り返しもつくように思います。私の話が何かのきっかけにでもなれば嬉しいです。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング