ご先祖様の了承もあり、売却が決まりました

四国の荷物がたくさんの空き家

今日は四国に相続した戸建てをお持ちのお客様のところへ、3回目の商談に行ってきました。

数年前から空き家の状態で、中にはご両親の荷物がたくさん残ったままでした。
当初はたまに行っては片付けて、大阪に荷物を持って帰るという事をされていたようですが、少しずつ行く頻度が減ってきていたようです。

いつか、いつかと思いながら時が経ち、そんな時に私と出会い手放す事を決断して頂きました。
当社で物件撮影などある程度の調査をしてから売却活動を行いました。正直あまり動いていないエリアで、想像以上に苦戦しましたが、偶然四国に知人がおり、その方のご紹介の会社が中の荷物も含めて買い取ってくれる事になりました。
最近の大雨もあり、秋にはきっと台風も来るので空き家のままというのは心配だったのですが、安心出来そうです。

ご先祖様の後押しもあった

私の知り合いが四国におり、紹介してくれたという縁もあったのですが、やはり不動産はタイミングや縁があるのだなとさらに思った出来事がありました。

こちらのお客様は先祖供養をご自身でされる方で、ご先祖様をとても大事にされている方でした。
今年の初めからご先祖様に四国の空き家を手放すべきなのか、どうしたら良いのかをご相談していたところ、偶然私と出会ったそうです。
出会った後も当社(Katsuyaku)で良いのかをずっとご先祖様に問われていたようでした。もちろんご先祖様から良いお返事があったので、前向きに進むことになりました。
不思議な縁を感じた一日でした。

余談ですが、他社で働いている方から営業活動を見せてほしい!とお願いされていたので、今日こちらのお客様宅へ同行して頂きました。これから空き家問題に取り組んで行きたいようで、非常に勉強になったと喜んで頂けました。嬉しかったです。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング