住宅ローンの借換の相談にのってきました

銀行は親切ではない

今日は朝から、寝屋川方面へ住宅ローンの借換の相談がある方のところへ行ってきました。

20歳の頃勤めていた不動産会社で住宅ローンの事はものすごく勉強したのと、前職が住宅ローンの借換斡旋の会社だったので、住宅ローンの知識はあります。このくらいの知識は当たり前だと思っていましたが、不動産会社に勤めている方でも詳しく知らない方は多いようです。

このお客様は今1.65%の金利で借りておられ、借り換えると0.6%くらいになり、トータル300万円くらいの借換メリットが見込まれます。間違いなく借り換えた方が良いです。

住宅ローンは変動金利で借りている方が多く、名前が変動金利なので世の中の金利が下がれば自分の住宅ローンの金利も下がると考えがちですが、銀行はその辺りは甘くなく、昔ローンを組んだ方は金利が下がるどころか上がっていたりします。
新規のお客様向けはどんどん金利を下げる、既存の気づかないお客様にはちょっとずつ金利を上げていく。そういう事を銀行がしています。これは気づいて借換しないとかなり損をします。

一流の保険屋の紹介

今日の相談の方は、知り合いの保険屋さんから紹介してもらいました。
この保険屋さんがまたすごい方で、厳しい完全歩合の保険業界で毎月新規契約を10件、それを10年以上続けている方です。でも一切保険の話しはしないし、営業はされません。

そんなすごい方なのに僕によく連絡をくれたり、良い方を紹介してくれたりします。実際仕事にもつなげて頂きました。この方、先週も自分の収入には一切ならないのに四国まで顔つなぎだけに行かれたそうです。GIVEの精神にあふれているので、僕も見習っていこうと思っています。
今回の借換も単純に知識が役にたつのが嬉しいのもありますが、費用はもらわずにやります。コツコツ積み重ねて、まずは紹介を多くもらえるようにしていきます。合わせて強みも作っていきたいと思います。

お客様を紹介してもらった時は、紹介して頂いたお客様はもちろんですが、紹介者の顔をたてる事を一番に考えています。自分の仕事にならなくても良いと本気で思っています。そう思って動いていると、少しずつ紹介してもらえるようになってきました。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング