今さらですが、フォローを覚えました。

新規営業しか知らなかった

今までの社会人生活での営業経験は新規営業ばかりをしていました。
人生で初めて営業をした、19歳の時に勤めた不動産会社。新築マンションや新築の戸建てを、モデルルームやモデルハウスを見に来て頂いたお客様に販売する仕事でした。チラシを巻くなどの完全反響営業で、新規接客から契約するまでがメインの仕事でした。

会社の体制や考え方も、フォローや紹介などに重きを置いておらず若かった僕はそれが当たり前だと思い、そんな癖がついていました。
今になってその考え方、癖に悩まされています。長くお客様をフォロー出来ないのです。それによって何度か契約を逃してきました。かなり大きな商談もフォローが足らずで破談になってしまいました。どうフォローしたら良いのかが分かりませんでした。これは対お客様だけでなく、取引先に対しても出ていると思います。

お客様のところをまわってみた

今日、契約後のお客様や、売却・購入の依頼を頂いているお客様のところにアポ無しでしたがフォロー訪問してきました。正直少し連絡を疎かにしていた方もいます。

最近急に暑くなってきたのでゼリーを買って、それを渡す事だけを目的に行ってきました。偶然皆さんにお会い出来て、とても喜んで頂けました。

お伺いしたタイミングが良かったらしく、無くなりかけていた商談も一つ復活しそうです。

今日はゼリーのセットを買っていきましたが、コンビニで買ったアイスをいくつか持っていくだけでも良いのだろうなと感じました。お伺いするだけで歓迎して、喜んで頂けたのが意外で、嬉しかったです。
今年に入りまわりの方からお客様を紹介してもらえるようになってきました。今更ですが、お客様との長いお付き合いの仕方を覚えれた気がします。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング