新しい顧問税理士と打ち合わせ

税理士業界も古そう

今日は月に一度の顧問税理士との打ち合わせの日でした。
4月末で前の税理士の先生との顧問契約は解除して、5月から顧問契約をお願いした福本先生(twitter)です。偶然同い年で、親近感もあります。今日は2回目の打ち合わせで、前回の税理士から預かった書類の引継ぎを行いました。

税理士業界も古い慣習が残っているのか、前の先生に引継ぎをEXCELかCSVデータで頂きたいと伝えたところ、『業界的には紙ベースの引き渡しとなりますので、紙でお渡しします。』と連絡がきました。他の税理士事務所には気持ちよく引継ぎたくない!みたいな雰囲気が税理士業界にはあるのでしょうか?不動産業界も想像以上に排他的なので、似たような感じかもしれません。なぜそこに拘るのかがよく分からない、という事が多々あります。

前の税理士とは打ち合わせが無かった

今まで打ち合わせが無かった、方がおかしいのだと思いますが、前の税理士とはこちらから連絡をした時以外は基本話す事がありませんでした。前の先生が悪いとかではなく、反りが合わなかったのだと思います。

福本先生は数字の分からない僕に対して、中学生に教えるように丁寧に教えてくれます。あーなるほど、となり、数字が面白くなります。色々見ていると今までの書類の数字が結構適当なことが分かり(数字の中身を聞かれた事がないので、私の認識とはやはり異なる)、福本先生がまた見直してくれるとのことでした。見るのが楽しみです。
起業した当初はあまり興味がなく、売上やお金の出入りの記録もしっかりとつけていなかったのですが、ここ数ヶ月はしっかりつけるようになってきています。もっと数字を見れて、理解出来るようになっていきたいです。
前の税理士先生を断る時に申し訳ないなと思いましたが、新しい税理士にして良かったです。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング