今月は赤字でした。

コロナの影響が大きい

今日は無事に決済を1件終えました。

ただ今月は、単月の収入と支払いだけを見ると僕にとっては大きく赤字になりそうです。自身で付けている収支表では赤字です。

一生懸命動き回って仕事をして、赤字。入ってくるよりも多くのお金を出して働いています。不思議な感じです。

もちろん焦っていますし、かなり不安もあります。ただ、絶対に大丈夫だという確信めいたものもあります。起業当初から根拠のない自信だけはもっています。赤字になった原因は、コロナの影響で商談数がぐっと減っていた事と、外出するのが僕自身怖かったので、動きを控えていた事が大きな要因です。
他にも、今後のやり方を色々考えていたので、動きに迷いがあった事も一因にあると思います。まだコロナの影響は続きそうなので、もう少し影響を受けそうです。

赤字になると一段と思いますが、何のために会社をやっているのか。意義がないと社長という役目は務まらないなと本当に思います。わざわざ身銭を切って働く可能性がある職業です。不思議です。

でも給付金はもらえない

コロナの影響を受けて商談が減って、売上が減ってはいるものの、持続化給付金を受ける事は出来なさそうです。

元々あてにはしていないのですが、昨年の同月と比べて売上がダウンしている会社が対象です。当社は昨年の3月末に立ち上げましたが、宅建業免許申請のため6月末頃まで営業を開始する事が出来ず、3月末から7月までは売上がほぼ0でした。そこから比べると売上はかなりUPしています。
このようなケースがどうなるのか問い合わせようにも、電話しても何をしてもいっこうに行政には繋がりません。他の給付金関係も同じような条件なので対象外のようです。
貰えるなら貰いたいのは正直なところですが、誤魔化してまで貰おうとは思わないし、一日中そこに電話をしている時間もないので、あてにせずに前を向いてやっていこうと思います。

ただ赤字ですが、絶対に大丈夫です。必ず乗り越えますし、やり抜くので心配はしないで下さい。先輩経営者の方はもっと過酷な状況を乗り越えてきていると思いますし、あるあるの話しだと思っています。来年、この時期の事を笑って話せるようにします。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング