8ヶ月がかりで決済が出来ました。

大阪市住吉区の空き家相談員として

2019年10月に大阪市住吉区主催で空き家セミナーがあり、住吉区と共同で主催をされた空き家活用株式会社の和田社長から、相談員として来てくれないかとお声がかかり、昨年相談員として参加していました。

その時に、大阪市内で築100年の借地権付き建物を相続で所有しているが、どうにかしたい。どうしたら良いかと相談を受けました。

そこから動き回ること8ヶ月、やっと本日決済が完了しました。
古いお家はどこも同じなのですが、こちらも家の中には物が溢れていました。所有者様があまり費用はかけられないとの事でしたので、当社にてフリマアプリなどを活用しながら室内の物を処分して、片付けを手伝っていきました。

その間に地主とお会いして、借地権付き建物として転売の承諾をするか、地主が建物を買い取ってほしいとお話していましたが、地主も3人おりそこで揉めているようで、話がまとまらないまとまらない。転売するなら地代を何倍にも上げてやる。など無茶な要求もあり話は平行線をたどりました。

お金に感謝

当社としても早く解決をしたいと思い、話し合いを重てきました。8ヶ月かかってしまいましたが、最終地主に建物を買い取ってもらう形で本日完了しました。

ゴミ処分代の実費を除くと報酬はわずかでしたが、今回も色んな方に助けて頂き大変勉強になる案件でした。また建物所有者様にも本当に喜んで頂く事ができ、今日も何度も感謝の言葉を述べて頂けました。

少し話が変わるのですが、起業してから1年、お金に対する価値観が変わってきていました。あまりいい意味ではありません。
サラリーマンの時なら5万円や10万円の臨時収入があるととても嬉しかったのですが、そのくらいの金銭では会社を存続させる事は到底出来ません。毎月会社の家賃だけでも10万円が必要です。
正直、仕事中のお金に対する感謝の気持ちが減ってきていたように思います。もっと稼がないと、もう少し大きな仕事をしないと、と思ってしまっていました。

ふと今日この仕事を終えて、改めて1万円の仕事でも感謝して、1万円でも頂けることに喜び感謝していこうと思いました。1万円の仕事ばかり受けていては会社が潰れてしまいますが、感謝して大事にしないと仕事もお金も入ってこないと感じた日でした。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング