契約が完了しましたが、自分の大きな欠陥に気づいた。

売却のご契約

今日は1ヶ月ほど前から相談を受けていた区分マンションの売却のご契約が完了しました。
知り合いの仲介会社さんとの共同仲介です。決済は秋頃になりそうですが、ご成約になり嬉しいです。小さい事を積み重ねていきます。

実は今回の物件も、当初は当社に相談がありましたが、ほぼ同時に話を聞きつけた他社がかなり強引に、お客様宅へ訪問したりして言いくるめて契約をしようとしていました。
その相談がこちらにきたので一緒にそちらをお断りして、当社にてその強引な会社よりも高値のお客様を見つけてきました。

その強引な会社は、契約書も用意せず手付金をとりあえず現金で売主さんに渡したり、本来仲介会社で取得すべき1万円くらいの書類を『所有者しか取れない』と言い、費用の負担をさせようとしたりしていました。
なぜこのような事をするのか本当に不思議です。普通に話して、普通にすすめていたらご契約になっていたと思います。

今回の共同仲介の会社はやり取りも丁寧な会社なので、安心して取引が出来ます。丁寧にやってもらえると嬉しいです。

自分の欠陥に気づいた

今日は他にも新築購入のお客様の内覧と採寸のお手伝いや、売却を預かっている物件のご案内の立ち会い、売却の依頼を頂いているお客様への再訪問(やっぱり他社にしたいと言われて再度ご説明にいき、改めて当社を信頼して任せてもらえることに)など色んな事がある一日でした。

また最近はうまくいくこと、いかない事と様々な事がありました。

最近色々と考えていて改めて気づいたのですが、私には大きな欠陥があります。
新しい事をしたり、営業活動をするのは大好きで得意なのですが、同じことを繰り返したり、長く時間をかけてこまめにフォローしたりが出来ません。

かなり意識してやっていますが、それでも出来る人と比べるとかなり劣ります。どうしたら良いの分からないのです。単純に出来ません。このせいで何度ももったいない事をしてきました。欠陥というのが適切かは分かりませんが、出来ません。
この対策として、改めてそんな自分を理解して意識する、連絡などのルール決めをする、後のフォローが得意な人もいるので採用して業務分担する等が良いかなと思いました。ただフォローにも営業力が必要かつ、採用すると費用もかかってきます。今はまだそんな余裕がないので、まずは自分でルール決めをして、意識してやってみます。この日報のように。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング