Webセミナーに登壇しました!

今日は、空き家活用株式会社(以下空き活)の和田社長からご依頼を頂き、空き活主催のwebセミナー【コロナショックから変わる不動産業界 リモートを駆使しいかに空き家物件を手に入れるか】に、『いかに空き家物件を仕入れているか、どのようにwebを活用しているかの実際の声』のゲストスピーカーとしてお招き頂きました。

私自身そこまでITを駆使しているとは思っていなかったので、依頼を頂いた時は私で良いのかと思いましたが、和田社長とお話をしていると不動産業界の中では私でもITをかなり利用している方だと思いました。
空き活がリリースするAKIDASシステムの利用、Twitter・Facebookの活用(仕事につながっています)、ITツール(ChatWork、Slack、bell-face、Salesforce、MiiTel)を使えるなど、FAXが未だに主流の業界からするとかなりすすんでいるようです。

IT化をする方が良い、とかではなく、いよいよ必要に迫られていると感じます。

ペルソナ設定はいらない

ありがたい事にWebを活用しているIT系の不動産会社数社の社長と仲良くさせて頂いています。ITを駆使している会社はみんな何でも教えてくれます(本当にありがたいです)。今まではITだWebだと思いながら振り切れていなかったのですが、コロナをきっかけに力を入れていこうと改めて思いました。

システムを活用しての空き家情報の入手、DM・テレマでのアプローチ、オンライン商談、この日報の公開、SNSの活用、取材メディアの立ち上げなどをしていこうと思っています。

今の考えでは、ペルソナをたててターゲット設定をして配信していくのではなく、私の活動や私の考えを公開してコンテンツとして溜め、ファン作りをしていきたいと考えています。これらを見て嫌だと思う人は来なくて良いと思っています。
ペルソナ設定をして配信をしていくと、どうしても宣伝っぽくになってしまう気がします。自社の宣伝のようなブログやSNSは僕自身は見る気がしません。
誰かに向けて発信するのではなく、自分の考え、自社の活動を自由に発信して、そこに共感してくれた人が顧客となっていく。そんな流れを考えています。

この人だから仕事を依頼したい、と思われたら面白そうです。IT✕不動産✕アナログ(人)です。中身は非常に泥臭いですが、やってみようと思っています。半年、1年と続けた時に書き続けたものは蓄積されていくので、蓄積されたものはきっと誰にも負けないと思います。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング