12月の目標を正式に達成しました。

危なかった

一昨日に目標達成が確実だと安心していましたが、結果的には想定外の会社様からの申込みによって目標達成となりました。
やはり手元に届くまでぬか喜びしてはいけません。今回はラッキーでしたが、+1~2ほどの余裕を持つことが大切だと改めて感じました。

年末が近いということもあり、不動産会社様へ電話が非常に繋がりにくい1日でした。
それでも2社(1社は2店舗)から即決をいただき3申込みをいただきました。忙しい時期に関わらず、大変嬉しいことです。
本日、好調を支えてくれていたリストの47都道府県分を終えました。明日からは2週目に入るのですが、年末なので少し委縮しています。

目標設定について

今月の目標を設定する際に、12月20日以降はほとんどの会社が対応してくれないであろうという前提で、期間を短めに設定しました。
結果的には12月21日の本日も3申込みを頂けているように、不動産会社様への営業は継続できる環境にあります。
目標を下方修正することが嫌で、12月20日という確実性の高い日程を指定しましたが、12月いっぱいを目標の対象として全力で走りきる選択をしても良かったと思います。
その一方で、ゴールが見えていたので、子供が風邪を引いた際に家族ケアをしっかりできたという点では、良かったと思います。

今までは目標の大切さを理解することなく過ごしていました。
ただ、今回の事例のように目標によって行動が変わった経験を積み重ねることにより目標・目的をしっかり設定して活動するほうが、自己成長に繋がることが分かりました。
イクラ株式会社で営業を学び始めてからは毎月、厳しめの目標設定をしています。
この設定のおかげで自身の営業力が徐々に伸びていると思います。