申込書送付目標は未達に終わりました。

目標未達の原因

11月の最終日でした。今日は4社への申込書送付に留まり、今月は最終的に37社となりました。
まだ確定はしていませんが、明後日に分かる1ヶ月40申込書受取の目標も40には達しないと思います。

今月の目標を達成できなかった理由は目標設定とモチベーションの維持にあると思います。
ゴールを40社に定めていた→目標が射程圏内となり、慣れがでてきた→在宅ワークをする判断をした→中途半端な気持ちで仕事をした→見込が減った→申込書0の日ができた→気持ちが沈んで1日を無駄にした。
このような流れで発生した2日間(申込み0の日とその次の日)が目標未達を決定づけたのだと思います。

実際、先月の目標はチャレンジ50社/必達30社としており、途中まではしっかり50社を見据えて走り、最終的に30社に落ち着きました。
先月は申込書回収の難しさなどの分からない部分が多かったにも関わらず、目標を達成できました。
それは一貫して高い目標設定を意識し続けられた成果だと思います。

目標設定の大切さ

今回の失敗で目標設定の大切さを学びました。
気持ちの小さな綻びが最終的な結果にまで影響を及ぼすことも分かりました。
気持ちの維持は目に見える形で微調整を行い続ける必要があると学び、初めてKPIが有効だと身をもって感じております。
なぜなら、モチベーションの維持は自分でも気づかず、一緒に仕事をしている方でも微妙な変化には気付けないと思うからです。
その点、数値はフラットに評価してくれるので、今月の電話件数、商談件数、成約率、成約目標をしっかりと振り返って、目標設定を行いたいと思います。

先月の40社の申込み書送付に比べて今月は37社と数は少なくなっていますが、稼働日を減らした上での結果です。
そこまで悲観的に捉えておらず、多くの点で成長を感じられました。
来月、再来月は年末年始の休みが多く、そこから繁忙期に入っていきます。
大変な日々が続くと思いますが、厳しい環境こそ成長へ繋がります。これからも邁進したいと思います。