初のリモートワークも運よく申込みいただきました。

初のリモートワーク

今日は初のリモートワークを行いました。
子供と妻には実家へ行ってもらい、私は自宅にてひたすら架電する作戦でした。
いつもと違う雰囲気を察した息子が実家に行きたくないと言い続け、昼前まで公園で遊ぶことになりました。

営業を始めたのは11時半ごろで、家族の帰宅予定は17時。
時間も短く、喉の痛みも引いていない状況でしたので、今日は1社も申込みを頂けないのかもしれないと弱気になっていました。
しかし、幸運にも追客予定ではなかった会社様から電話があり、3店舗同時に入ると言ってくれました。
ちょうど申込みが欲しい日に電話がくるなんて、なんてラッキーなんだろうと、自分の運の良さを褒めました。
昨日は2社以上の申込みがあれば、中止と言っていましたが、家でも即決が取れるという証明が欲しかったので、営業を続けました。

家でも即決は取れるか

結果的には、その3店舗の申込みのみでタイムアップとなりました。
家での即決は取れませんでしたが、手応えはあり、来週以降も家でのリモートワークを選択肢に入れても良いと思える結果でした。
ただ、やはりモチベーションが上がるのは事務所で先輩と一緒にやっている状況です。
今後はどのようにするかは不明ですが、良いきっかけになる一日でした。

実は営業開始直後はワイシャツにジャージズボン+ヘアセット無しで営業をしていましたが、引き締まらない感覚でした。
1商談を終えて、これではダメだと思い、ヘアセットをして営業を再開しました。
また、座って営業してるとどうしても足を椅子に上げたくなる(正座、胡坐)感覚がありました。
これでは以前と変わっていないと思い、1人で歩きながら話す営業スタイルに変更しました。
こういった在宅営業ノウハウも蓄積すれば、きっと在宅営業もやり易くなると思います。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング