営業がチームで回り始めた。

日報に感謝

今朝は息子が4時台に起床し、寝不足で頭が冴えない状態で家を出ることになりました。モチベーションも低く、初めてイクラに行くのが辛いと思いました。
このままだと初の0受注になると分かったので、電車の中でモチベーションを上げる方法を考え、過去の日報を読むことを思いつきました。

実は今まで、数日分の日報をまとめて読んだことはありませんでした。
過去の、と言っても1ヶ月以内の自分が1日1日を全力で走っている様子に感化され、電車を降りる頃には、いつも以上にモチベーションが高い状態を作れていました。
日報を続けることで、妻から自己分析ができるようになったと褒められる。今日のようにモチベーションが上がる。効率的に行動で来ていたか反省できる。などメリットが多々あります。
今日も日報を書いていてよかったとつくづく実感しました。

呪縛から抜け出した

今日は唯一の見込みを朝一番に失注しましたが、モチベーションが高かったので何とかなると思いながら電話営業を続けました。
結果的に午後3時半、4時、5時と3件の即決を夕方からいただくことが出来ました。

1社目は先輩が過去に失注した案件を紹介して頂き、それによって流れに乗れました。
チームとして稼働し始めている感覚が嬉しく、何とかしたいという気持ちも相まったのだと思います。
その後は思い通りに商談が進み、面白いくらいに素直に即決をいただきました。
今まで毎日2社からの申込みが続き、不安な日々でいたが、これで一皮むけたと思います。
明日は見込みが多い日ですので、早めに5社の申込みをもらって早退したいと思います。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング