商談時間が伸びてきました。

質問が止まらない

今日も申込みは2社でした。見込みがない中での2申込みは喜ばしいのですが、ずっと2社で推移しているので、早く3社以上の申込みを頂けるようになりたいです。

最近は商談時間が以前に比べて非常に長いです。データを確認してもらうと、この1ヶ月の平均が18分に対して、この1週間の平均が30分となり約1.5倍の時間を1商談に費やしていることになります。(先輩は15分と更に短い)
話を切りたいのですが、やるかやらないかのギリギリを悩む方に限って話が伸びてしまうので、どこで話を遮って良いのか悩みます。
ただ、以前までは商談時間が短かったことを考えると、私の話し方の中に問題があると思います。
質問しやすい雰囲気か、決めてくださいと言い切れていないのか、単純に今のエリアの人が話好きなのかは不明ですが、しっかりと考えて対応します。

先月の申込みを回収したい

先月は40社から申込みたいと言っていただき、申込書を送付しています。実は、そのうち11社からは未だに申込書が届いていません。
月末に電話でノルマが厳しいという理由で懇願しても、メールでアカウント発行の準備が出来てますと伝えても送られてこない11通の申込書をどう回収するかを悩んでいます。

たぶん悪気はなく、様々な業務に追われて優先順位が下がっているのだと思います。改めて電話をすると、早めに送るとは言ってくれるのですが、また届かないという堂々巡りになります。
今月も数字を強く意識しないといけない時期に入ってきました。毎月月末はしんどいですが、今月も頑張って乗り越えたいと思います。
この頑張りが成長につながると信じています。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング