休み前の反省を活かして、活動できました。

戦術を変える

2日以上の休み明けは声が出づらく、商談がスムーズには行きません。
特に今日は声も言葉も出づらく、1件目の商談は営業を学び始めてすぐのような歯切れの悪い話し方でした。
ただ、話せないなら話せないなりの戦い方があることをこの営業経験で学んできました。
今日は一生懸命さを伝える作戦で、電話をし続け、徐々にいつも通りの営業ができるようになっていきました。

休みに入る前に反省し、見込み案件が多い日の方が上手くいかないことが多いと分かりました。
今日は申込みをもらってからも気持ちを保ちながら営業を続けられました。
最初は声が出づらく、終わりも16時といつもより営業時間が短い日でしたが、無事に2社から申込みをいただけました。

目標について

今月はほとんど1日2社申込みのペースで進められており、現時点で16社です。
営業日は残り10日なので、このペースだと36社のみとなり、先月の40申込みより数が減ってしまいます。
2社からコンスタントに申込みをいただく力は付いたけど、1日に5社申込みをいただく爆発力が無くなった印象で、それを反省して休み前の日報を書きました。

今後は1日5社の申込みをもらった日は早退することも可能というルールを考えています。
一刻も早く家に帰るために、申込みに貪欲に行動する。その結果、早く帰れる。疲れが取れる、次の日も頑張れる。という好循環を目指しています。

今月も後半戦が始まったばかりですが、モチベーション維持が目標達成の肝要となります。
明日は厳しい火曜日。しかも案件なしなので、最初から全力で営業します。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング