一度消えかけた申込みを何とか取り戻した。

営業について

昨夜、イクラ営業についてnoteを書いてみました。坂根さんから今の世の中でネットで決を採れる営業は希少だとアドバイスをいただいたので、自分の頭の整理を兼ねて、商談に持ち込むまでの流れを書いてみました。
まだ公開してませんが、需要があれば、商談から決を採るまで編も書きたいと思います。

今日は木村さんが地方で飛び込みをしたお客様からのご紹介で、3分の2で申込みを頂けました。紹介の決定率と話を聞いてくれる感じが素晴らしいことに気づいたので、紹介頂いた社長にも2名の社長を紹介して頂きました。
数珠つなぎで契約を取る作戦で契約数を伸ばしたいと思います。
紹介頂いた社長は大切にするべきだと思ったので、話を聞くメインの商談を意識したところ、坂根さんから今のペースの方が良いと好評でした。

人の気持ちを動かした

今日は営業をしていて、初めて人の気持ちを動かした実感が得られる出来事がありました。
そのお客様は一人で会社を経営されている方で、何とも煮え切らない感じで話をしていたのですが、最終的には「とりあえずやってみる。」と申し込みをいただきました。(ここまでは良くある流れです。)

その後、他のお客様と商談を終えたときに、メールで問合せを受けました。電話で回答した方が良い内容なので、電話をすると、他に参画している会社名を聞いたとたんに申込を取り消すと言われました。
そこからお客様の状況、悩みをヒアリングして、耳の痛い話を優しく伝えつつ、今すぐお申込みをいただくメリットを諦めずに商談した結果、一度取り消すと言った申し込みを再度いただけることになりました。
電話を切るまでがお客様だと諦めずに交渉したことや、相手の言われたくないことを優しく指摘することによって勝ち得た申込みです。
人の気持ちを初めて動かしたと感じた商談となりました。この感覚を大切にしたいと思います。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング