今日も9商談。静岡県の人は話を聞いてくれます。

現状の課題の分析

今日は9商談しましたが、2申込みでした。うち1件は決断に半月掛かるようで、申込みとはカウントできません。なので、今日は1件止まりです。

今の営業で成約をもらうには次のようなステップがあります。

1.受付に意思決定者に繋いでもらう
2,意思決定者にサービスの内容を伝えきる
3,サービスの画面を見てもらう(=商談する)
4,納得いただき、申込書を送付する。(=商談中にOKをもらう)
5,商談中にOKが出なければ日を改めて、申込みをもらえるかお伺いを立てる。
6,申込書を受け取る

今まで1~3は強化してきたので、以前は考えられない数の商談ができるようになりました。
ただ、ぼんやりと商談数の割に申込をもらえていない印象がありましたが、その原因を考えられていませんでした。

木村さんから武器をもらった

今日は夕方に木村さんが来社し、横で商談を聞いてくださいました。
前述の4が弱いと、ぼんやりと思っていたところをズバリ見抜いて頂き、4が改善するであろう言い回しを授けて頂きました。
やり続けていると気付けないところなので、木村さんの意見はいつも大きな気づきを与えてもらえます。

やり続けているからこそ分かることもあり、電話を切られかけたときにお客様へ伝えている内容について、私の考えを認めてもらえました。
お客様のことを想像して、相手がどんな状態で、どんな態度で、どんな心境で話を聞いているかを考えられている。と褒めて頂きましたが、実際にはそこまで具体的なイメージをしていなかったので、褒めてもらったことを現実にできるように考え続けていきたいと思います。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング