和田社長に営業ロールプレイをしていただきました。

こっそり掲げていた目標

今日はイクラ株式会社は休業日でしたが、昨日にお約束していたお客様との商談があり、イクラの辻野として2時間ほど営業をしました。
約束していた方は導入を即決してくださることとなり、今月の申込書送付が4件となりました。

その商談だけでやめるつもりだったのですが、木村さんとこっそり掲げていた申込書送付5件にコミットできる可能性が見えたので、水曜営業の会社に営業をかけました。結果的には最初の1件の申込書送付のみで目標には到達しませんでしたが、いい種まきが出来ました。
その後、こくえい不動産調査の和田さんがこられ、どんな感じでやっているのかロールプレイしたいと言っていただきました。

和田社長に営業をしました

和田さんへのロールプレイはプレゼン後に不動産会社の社長様がどのように内容を受け止めているのかを聞けるチャンスです。
営業事態はスムーズにできましたが、後から木村さんと和田さんから指摘をいただきました。この環境、最高です。
指摘内容は私が気になっていたことから、全く気にしていなかったことまで、満遍なくコメントを頂きました。

特に次の2点が成約率の向上に直結すると思います。
1、最後の締めがあいまいになっている。
→私は説明員ではありません、決めてもらうように働きかけることが大切です。
2、イントロのフックが弱い。
→イントロで切られることが多く、サービスを説明しきったら内容の良さにご納得いただきます。(入会は別として)

今回のデモをやってみて、人前でもプレッシャーを感じずに話せたことに驚きました。以前に物上げのロールプレイでは木村さんと1対1なのにガチガチになっていたのを考えると、サービスの営業が向いているのかもしれません。
今、営業したくて仕方ない状態になっています。この流れを崩さずに行きたいと思います。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング