空き家事業の打ち合わせ2回目

甘すぎた

今日は㈱Zweispace Japanの代表の亀田さんと前回に引き続きZoomミーティングをしました。

前回空き家に関する空いていると感じるマーケットや、やってみたい事を亀田さんにお伝えをしました。

そこで線表(やるべき事を50~100個書き出す)を作成するという宿題がありましたので、今日はそれも含めてお話をしました。

前回の打ち合わせ後、線表を作り始めた時に、自分のやるべき事や考えを線表に落とし込もうとするとうまく出来ず、具体性が薄い、強みがないな、やったとしても他人任せでそこに乗っかるだけに聞こえるなと感じていました。
今日のミーティングも雑談から線表の話になると亀田さんの顔つきが変わり、色々と厳しく指摘をもらいました。

10年後20年後どうなるのだろう

これってどうするの?木村さんは何するの?もう少し具体的にはっきり言ってくれますか?など各項目厳しく突かれました。

話しながら特に自分の数字の読み込みなどが甘く(今までも苦手意識が強かった)、途中亀田さんに依頼するスケールでは無い事が分かり、貴重な時間を奪ってしまったと強く反省しました。これはレベルが違い、今後お付き合いを続けてもらうのは無理だなと諦めました。

ただその中で出てきた案が面白そうだから、引き続きミーティングしていこうと言ってもらえました。他にも色んな考えている事を教えてもらいました。当初ミーティングの時間は15分ねと言われていたのですが、2時間半くらい話してくれました。

聞いた事は絶対誰にも言わないでと言われているのですが、スケールが大きすぎて理解がついていかない部分もあり、まだ他人にうまく説明出来なさそうです。

ただ、亀田さんの話すブロックチェーンを駆使した未来になれば面白いし、駆使される時代になるだろうなと感じています。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング