ゲリラ豪雨により約束を延期しました。

この案件を追うのをやめます

電話営業で繋がった方で息子さんが区分マンションを持っていて、売却を検討している方がいました。息子が元々住んでいたマンションで転勤に伴い売却するという案件です。
お客様(父)に気に入っていただけて、別居する息子さんに良い不動産会社がいると紹介する。と言ってくださっていたのですが、一向に紹介して頂けません(毎週電話で進捗を確認していました)追いかけていても仕方がなさそうなので、この案件は手放そうと思っています。

電話営業でお客様と繋がる確率を考えれば手放すのはもったいないのですが、無駄に追いかけて頭の片隅に残ることでストレスになるくらいなら、手放してしまおうと木村さんに相談して決めました。

雨で訪問を中止しました

昼過ぎに訪問の約束をしていたお客様に木村さんと自転車で向かいました。
途中にゲリラ豪雨に直撃され、傘がめくれ上がり、服はビショ濡れになりました。
時間的には余裕があったのですが、木村さんから訪問を延期するように言われました。
確かに私がお客様の立場でも濡れた営業マンを家に招きたいとは思いません。間違った意味で約束を守ることを強行しそうな自分がいたので、学びの機会をいただきました。

木村さんから雨男の疑惑をかけられましたが、私は旅行に行くときやイベントがあっても天気を調べず、雨具を持たずに出かけるくらい晴れ男です。
そこから運や物事の捉え方の話となり、運がある、人生が成功すると思う人は良い運が巡るし、人生が成功する確率が高いと認識を共有しました。当然、木村さんも私も運がよく、人生は成功すると考えているタイプです。
感覚的には成果が出てもおかしくない頃だと思っていますので、すんなりオープンハウスが成約する気がします。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング