実績が伴わないのに成長していると錯覚している。

友人から不動産の相談を受けました

友人からテラスハウスの処分について相談を受けました。友人の父が相続した物件で、友人はリフォームをして賃貸も想定していましたが、彼の将来のビジョンも踏まえて売却を提案していました。
本日、現地を確認しに行ってきました。物件は想像以上に修繕箇所が多く、より一層、売却をお勧めしました。
最終的な判断をするのは彼と彼の父親ですが、不動産を勉強している私として売却の一択です。

彼の考えを尊重したいと考えていますが、リフォームをしたいと言うのであれば、もう一度説得すると思います。
そのくらい不動産の賃貸は簡単ではないし、リフォームをすることで投資資金の回収に余分な時間がかかるし、古いテラスハウスの賃貸は疲弊します。この思いが上手く伝わることを願うばかりです。

今後の進め方について

木村さんを介して、素晴らしい方々とお会いさせて頂くことで脳の思考枠が拡大しすぎてキャパオーバーを起こしています。毎日いろんな活動をしているので働いている感があり、充実していると錯覚を起こしていますが、実際には1件も契約を取れておらず、稼ぐことはできていません。
当初は8月中に1件の契約を目標にしていましたが、今のままだと達成できなさそうです。

木村さんとじっくり話す機会を頂き、進捗の整理をしましたが、私が勧めている案件の住所や進捗を即答できず。一度、腰を据えて1件目の契約を取りに行くことに焦点を当てることにしました。
1件目の契約が好循環に入るトリガーになると信じています。幸い、営業トークに関しては、ほんの少しだけ自信を持つことができてきました。
自分をもっと信じられるように、1件目の契約を早く取りたいと思います。

リスケ後の目標:1件目の契約を9月11日までに取ります。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング