Twitter講座を社長にしてきました

BtoBの使い方を伝えに行ってきました

今日は社員数が60人くらいの会社の社長(60歳代)にTwitterの活用方法を説明しに行ってきました。

先日この社長に、私が不動産仲介の知り合いがほとんどいない状態で独立して、Twitterを駆使して人脈を増やして仕事をしてきた事を話していたら、BtoBのビジネスでもTwitterは使えるの?と聞かれ、使えますよ!BtoBこそ良いのではないですか。と返答したところ一度教えてほしいと言われ本日行ってきました。

コロナで直接訪問での提案が出来ないので、動画活用を始められたそうです。そんな中、最近社員さんからTwitterを使っているという話をよく聞き、気になっていたそうです。
活用目的としては営業活動に使い、ターゲット顧客に『説明に来てよ』と言わせる一助にしたいとの事でした。

BtoBの方が使いやすい

とても真面目な方でツイートする予定の例文なども作っておられました。ただ失礼ながら、どれだけ考え抜いても最初は誰も見ないと思う事をお伝えしました。

それよりも露出を増やす為に1日2ツイートをする事をオススメしましたが、せめて2日に1ツイートでとなりました。
食事のツイートなどもしないとダメなのかと聞かれましたが、それは逆に誰も興味無いからしない方がいいとお伝えしました。SNSや動画を上手く使うと楽に営業が出来ると思う方が多いですが、実際は時間もかかるし、根気もいると思っています。

利用目的や見せ方、具体的なターゲットの絞り方、採用への効果、ターゲットへのアプローチの仕方や認知を増やす方法などもお伝えし、やってみるとの事でしたので最後に具体的な使い方もお伝えしてきました。
BtoBの方がターゲットが明確で使いやすいと思うので、どうなるかが楽しみです。

株式会社カツヤク不動産コンサルティング